So-net無料ブログ作成

ノート会社が昼メロCM!?の経緯とは。ジャポニカ学習帳から昆虫の表紙が消える [話題]

子供の頃、ジャポニカ学習帳は学校の指定ノートでした。

例えば、「えにっき」のノートならクワガタとか、
花の写真は、「こくご」とか・・・。

今回ニュースになっている、
ジャポニカ学習帳は2年前から昆虫の写真を使うのをやめていた
という事実を知って、ちょっとだけ寂しい感じがしました。

きっかけは、教師や親から寄せられた「気持ち悪い」という声だったとのこと。


「一人でも嫌だと感じる人がいるのであればやめよう」
消費する人々の声をくみ取り、
消費者の立場になって物づくりや販売戦略を立て直す
「ショウワノート」さんの柔軟さや心配りが垣間見られた気がします。


これまでの昆虫の画像は、
一人のカメラマンが並ならぬ努力の末、撮影した素材だったのだと聞いています。
世界各国を駆け巡り、滞在しながら撮影されたとのことなので、

子供たちに昆虫の美しさを見せてあげたい!
という一心で、極みの一枚を表紙にされていたんだと推測します。

ジャポニカ学習帳3.jpg
ジャポニカ学習帳2.jpg
http://withnews.jp/article/f0141127002qq000000000000000W00o0201qq000011196Aから引用

それが、このような結果になったことには、
カメラマンご本人が一番残念だと思っているはずです・・・。




さて、面白いのは、「ショウワノート」さんにテレビのCMがあること。

ノートの会社なのに、CMを打つとは、広告代をどうやって捻出するのか・・・。
と心配になりますが・・・・


以下、産経新聞さんより

発売直後は全く受け入れられなかった。会社の知名度が低かったうえ、価格が他社の30円に対し、50円と高かったこともあり、あっという間に在庫の山を抱えた。追い込まれた同社は、残った資金で思い切ってテレビCMを打つことにした。

 視聴率の高い時間帯は他の広告主で埋まってしまっていたため、やむなく昼の番組を選んだ。タイトルは「女のうず潮」。女優の三ツ矢歌子さんが主演する昼メロだった。

 「子供は学校にいるのに…」。社内では異論が噴出したが、賭けは「吉」と出る。文具店は家族経営が多く、この時間にテレビを見ながら休息をとっていたからだ。CMは予想以上の効果を上げ、学習帳の取り扱先が一気に増えた。


なるほど、すごい運の強さ?笑


その吉と出たCMもバラエティー豊かです。

1987年のもの
https://www.youtube.com/watch?v=0_ku26jwn2E
より引用

ドラえもんバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=gB_UGRJxM5Q
より引用

ダンス✰マンバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=gB_UGRJxM5Q
より引用

他にもたくさんのCMが拝見できます。


この発想豊かなアイデアとか切り替えとか、
ファンづくりに徹した販売戦略というか。

こういう細かな配慮こそが、創業45年以来、累計で12億冊ものノートを販売されたという結果なんだな。と思いました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。