So-net無料ブログ作成

Flashは今月、有害図書に指定。クレヨンしんちゃんも!? [話題]

有害図書(不健全図書類)とは、
18歳未満の青少年には見せてはいけない書物。
そして、都道府県知事が有害図書を指定するものだそうです。

東京都が有害図書に指定している有害諸図書一覧もあれば、
大阪府が指定している有害諸図書一覧もある。
地域によって違うんですね。

今月は、写真週刊誌『FLASH』の増刊号が、
東京都の有害図書一覧に指定されました。
アダルトビデオのダイジェストDVDを付録にしたことが原因なんだとか。


写真週刊誌『FLASH』が指定されている一覧表

http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/10_eiga_tosyo_ichiran/26tosyo.pdf
東京都青少年治安対策本部より引用


2020年に開催される東京オリンピックにむけての、
東京都浄化キャンペーンも、行われていることですので、
今後の「東京都有害図書指定制度」はどのようになっていくのでしょう?


先日、東京都知事の舛添要氏が政治資金の報道質問(資金で漫画を購入していること)
に対して、定例会見でこんなことをおっしゃっています。

クレヨンしんちゃんはお母さん方からの陳情で、「(主人公の)言葉遣いが悪くて子どもがまねをするので政治の力でどうにかならないか」ときた。だから買いにいった。(こうした陳情に)対応するため・・・・

東京都の資金に対する報道質問の話からこぼれた内容ですが、
明らかに有害だと思われる漫画や書物や雑誌はさておき、
まさか、クレヨンしんちゃんまでもを有害図書に指定するとかなんて、
考えていらっしゃらないでしょう???

スポンサーリンク









スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。