So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

山西陽子准教授が開発した針なし注射器とは? [話題]

スポンサーリンク


芝浦工業大学機械工学科の山西陽子准教授が、

針を使わなくても注射をすることができる
針なし注射器の開発に成功されたそうです。

芝浦工業大学機械工学科の山西陽子准教授
yamanishi.jpg
http://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~yoko/images/yamanishi.jpgより引用


針なし注射の構造はこのような感じです。

針なし注射.jpg
http://news.biglobe.ne.jp/it/1203/rbb_141203_2640845282.htmlより引用

皮膚に押し当て、画像の①

バブルメスを接触 画像の②

高速で発射した気泡が 画像の③

はじける力で細胞に微細な穴を空け、画像の④

その穴から、試薬をまとった
微細な気泡を細胞内に注入する 画像の⑤⑥


本当に痛くないのかどうなのか、
わかりませんが、

傷みを伴わないということなので、
ちょーーっと、試してみたいです。


そうそう、思い出したけど、
昔、学校で集団で行っていた、
何かの予防接種の注射。

小学4年生の時、怖くて逃げだしたことが
ありました。

もう、逃げ出すような子供を見ることもなくなりそう



痛い注射が嫌いなのは、日本人だけじゃないみたいで、
FOCUS-ASIA.COMのニュースには

この朗報を中国人も喜んでいると
掲載されていました。


「山西准教授は女神だ」

「救世主だ!」

「もっと遅く生まれればよかった(泣)」
 (↑同感)

などなど。

今後は、

注射=痛い=怖い

という公定式が、世界から覆されるかもしれませんね。

スポンサーリンク





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。